NEWS

「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」の改正について

 

関係団体 各 位

 

平素より航空行政へのご理解ご協力をいただき、ありがとうございます。

件名につきまして、本日、別添のとおり「無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領」を改正しましたのでお知らせします。

(改正概要)
 飛行中に不具合が発生した際の対応を含め操作介入を必要としない十分な自動操縦に係る機能及び信頼性を有する無人航空機の要件を明確化するとともに、これを満たす機体を飛行させる場合は、飛行経歴を10時間以上ではなく、飛行のリスクに応じた機体の機能及び信頼性を勘案して、製造者が十分と認める飛行訓練時間などとすることができる旨を明記しました。(審査要領P12~P13参照。)

 内容につきまして、傘下会員の皆様へ広く周知の程を宜しくお願い申し上げます。

 

無人航空機の飛行に関する許可・承認の審査要領(令和元年11月29日 国空航第2046号、国空機第1202号)

———————————–
国土交通省航空局安全部運航安全課
〒100−8918 東京都千代田区霞が関
2-1-3 中央合同庁舎第三号館 7F
TEL:03-5253-8111(48688)
航空局HP:http://www.mlit.go.jp/koku/koku_tk10_000003.html
———————————–

前ページへ戻る

Back
To
Top