NEWS

日本ドローンコンソーシアム・フォーラム2019
ー加速するドローンの産業応用と制度改革ー

 

開催趣旨

 

 産業用ドローン元年と言われたのが2016年で様々な分野での実証試験が開始されました。物流ドローン元年と言われたのが2018年で、監視者なし目視外飛行が日本の5か所で開始されました。そして、いま2019年秋、2022年の都市部での第3者上空における目視外飛行実現に向けた、リスクマネジメントの考え方を基礎とする実質的な議論が開始されています。
 日本ドローンコンソーシアム(以下、JDC)は、こうした国の動きや産業界の最新動向を正しく把握し、今後のドローン産業のあるべき発展の方向を探るために、これから毎年秋にJDCフォーラムを開催することに致しました。JDCは春の総会と秋のフォーラムを軸にドローン研究者、ドローンメーカー、ドローンサービス、ドローンベンダーの皆様が一堂に会して意見交換してドローンの未来を語り合う熱き場にしたいと考えております。皆様のご参加をお待ちしております。

 

1.日程  : 2019年11月12日(火) (受付:9:30~10:00)
        フォーラム 10:00~17:15
        懇親会   18:00~20:00

 

2.対象  : ドローンの産業利用に興味をお持ちの方(どなたでも参加できます)

 

3.場所  : 銀座ブロッサム中央会館
        (東京都中央区銀座2-15-6(「新富町」駅下車1番出口から徒歩1分)
         TEL 03-3542-8585 (代表) http://www.ginza-blossom.jp/

 

4.参加費 : フォーラム
           JDC会員    2,000円
           JDC非会員   4,000円
           学生        無料
        懇親会
           (会員・非会員) 5,000円

 

5.プログラム概要

  

 

 

 

   10:00~10:50 オープニング

 

        基調講演: JDC会長 野波健蔵「国プロ・制度設計・国際標準化の動き とワールド・ドローン・コンペ」

 

 

   11:00~12:30 一般セッション1

 

        ◆研究セッション(劉委員長(千葉大学))
         ・国立情報学研究所 Helmut PRENDINGER「知能的なドローン使用から知能的なドローンまで」
         ・千葉工業大学 未来ロボット技術研究センター 主任研究員 鈴木太郎「GNSSによるドローンの位置姿勢推定とLiDARを用いた三次元計測」
         ・東海大学   教授 稲田喜信「ドローンの群制御」
         ・千葉大学   助教 中田敏是「生物を規範とした次世代型ドローンの創製 」
        ◆農林水産セッション(井上部会長(東京大学))
         ・農林水産省 技術普及課 課長補佐 新保貴裕「スマート農業の実現に向けた取組と今後の展開方向」
         ・東光鉄工株式会社 鳥潟與明「農業用ドローンを活用したサ クランボ、リンゴの溶液受粉に関する研究」
         ・内閣府 宇宙開発戦略推進事務局 技術参与 長澤暢「準天頂衛星『みちびき』の概要と農業用ドローンへの期待」
         ・イ―ムズロボティクス株式会社 塙正典「完全自動航行ソフトウェアと準天頂衛星みちびき位置制御ユニットの紹介」
         ・東京大学大学院 特任研究員 井上吉雄「スマート農業向けドローンリモートセンシングシステムとその利用」
         ・JDC農林水産系部会 伊東明彦「農林水産系部会のこれまでの取組みと今後の展望」
        ◆調査・測量セッション(笠部会長(安藤ハザマ))
         ・株式会社パスコ 大坪和幸「UAVレーザ測量における計測条件と計画時の注意点について」
         ・do       高原正嗣「RTK UAVが創る未来」
         ・茨城大学 教授 桑原裕史「環礁州島と限界集落の調査におけるドローンの応用」
         ・千葉大学 教授 近藤昭彦「原子力災害被災地における空間線量率測定の意義」
         ・株式会社アミューズワンセルフ 冨井隆春「防災・減災、国土強靱化の為のドローン活用事例」

 

 

   12:30~13:30 昼休憩

 

 

   13:30~15:00 一般セッション2

 

        ◆施設点検セッション(石田部会長(三信建材))
         ・構造点検ドローン研究会 酒井学雄「構造物点検ドローンスクールの取組について」
         ・三信建材工業株式会社  石田敦則「橋梁点検支援技術カタログの活用事例」
         ・株式会社日立システムズ 鈴木裕一朗「【ドローン運用統合管理サービス】点検業務における新技術のご説明」
         ・山九株式会社   大山勝彦「プラント設備点検効率化へのドローン導入と今後の展開」
         ・株式会社ジャスト 角田賢明「構造物調査におけるドローン活用事例」
        ◆安全推進/技能検定セッション (鈴木委員長(千葉大学)、三輪先生(徳島大学))
         ・長岡技術科学大学 准教授 木村哲也「持続的発展に必要な国際安全規格から見たドローン安全」
         ・千葉大学     准教授 鈴木智「JDC 安全ガイドラインについて」
         ・株式会社 エネルギア・コミュニケーションズ 原田康則「JDC技能検定制度の紹介」
        ◆防災セッション(酒井部会長(防災科研))
         ・JDC防災系部会 伊東明彦「災害時のドローン運用のガイドラインの必要性について」
         ・株式会社E・C・R   渡部博之「ドローンによる消防・防災力向上を目指した取組み」
         ・自律制御システム研究所 奥村英樹「防災分野でのドローン活用における技術と実例」
         ・慶応義塾大学 水野史暁「ドローンを用いた捜索救助の実践と体系化」
         ・日本ドローン・エアレスキューコンソーシアム 篠田伸夫「ドローンとドクターヘリのコラボレーションによる医療」
         ・防災科学技術研究所  酒井直樹「豪雨災害時におけるドローン活用の課題と期待」

 

 

   15:15~17:15 パネルディスカッション   「ドローンに関する制度・規制のあり方について」

 

           【概要】関連各省庁の担当者を招きドローンに関する制度検討の状況や今後の方向性について説明を
               していただいた上で、会場からの質疑応答およびドローン利用者、サービス提供者等の観点から
               関連制度のあるべき方向性について議論を行います。

 

        モデレーター :JDC制度設計委員長 慶應義塾大学教授 武田圭史
        パネリスト  :関連各省庁 担当者
               ・内閣官房 小型無人機等対策推進室 内閣参事官 長崎敏志
               ・総務省総合通信基盤局移動通信課  課長 荻原直彦
               ・国交省航空局安全企画課      課長 英浩道
               ・経産省製造産業局産業機械課    課長 玉井優子

 

 

   18:00~20:00 懇親会

 

6.申込方法
  申込先 : event2019@jdc.or.jp
    ※参加者の所属、氏名、会員/非会員、懇親会への参加の可否を連絡頂けますようお願い致します。

 

  イベント情報 → 日本ドローンコンソーシアム・フォーラム2019

前ページへ戻る

Back
To
Top